新着情報blog

新入荷 「Dumbuk Al Ahmad製ダラブッカ」

JUGEMテーマ:世界の楽器・音楽

 

インドネシアからDumbuk Al Ahmad製のダラブッカが入荷しました!

 

ジャワ島中部の北岸デマックへ


拠点にしていたジョグジャカルタからタクシーで約10時間。

3日ほど行動を共にしていたドライバーのジョニィとも息が合ってきました。

どこまでも田園風景が広がるのどかな街、こんな所に本当に工房があるのか不安になってきます。

 

脇道に入りしばらく行った所で発見!看板も無いので分かりにくい!

 

 

若き職人ムシュタバ


オーナーのムシュタバはエジプトの大学へ留学すると共に楽器制作を約8年学び、インドネシアにて楽器工房を営む若き職人。

後に書いていますが、全寮制イスラム学校の校長でもあります。

 

各国のダラブッカを研究し、音色や品質にもこだわってます!

 

個性的なデザインと上質な音色


 

ボディはアルミ100%で厚みと重量感があります。

低音の迫力はもちろん、パキパキよりも少し低めにチューニングされており、残響音(サスティーン)が心地よいです。

その為、高音もよく伸びキー(音階)を感じる音色です。

ボルトは8箇所で正確にチューニングできます。パキッと乾いた音色に仕上げる事も出来ますので、ご注文時にお伝えくださいね♪

日本ではまだあまり知られていませんが、アジアからヨーロッパまで愛好者がいる気鋭のメーカーです。

ドイツの某有名打楽器メーカーもボディはDumbuk al ahmadにオーダーしているそう。

 

今回入荷したデザインは全てプリント式です。

近年エジプトでも主流になりつつある方式で自由度の高いデザインが可能。

「人物や風景の写真などをプリントすることも出来るので、オリジナルデザインのダラブッカも制作できるよ!」との事。

後日、レクやダラブッカも数台入荷する予定です。

 

★Dumbuk al ahmad製ダラブッカの詳細(商品ページ)はこちらから

 

隣はムスリム学校


工房の隣には全寮制のムスリム学校があります。

経営しているのは前述した若き職人ムシュタバ!

そもそもエジプト留学はイスラムを学ぶ為で、インドネシアでも子供達に正しい生活規範や教育を...という事で学校を建てたそう。

楽器の売り上げの60%は学校運営にあてているんだとか...素晴らしい!

学校を見学しながら生徒と一緒に作法や日課を教えてもらい過ごしました。

日本人が来るのは初めてだったようで、めちゃくちゃ歓迎してもらえました。

動画はルバナと呼ばれるマレー地方のイスラム式お祈りの儀式。

リズムとか教えてもらいつつ、「どうぞどうぞ!」と仲間に入れてもらいました。

そんなこんなで生徒達とも遅くまで遊んでたのですがそろそろ、という事で帰り際はウルルンぽい雰囲気になりながら、夜明け前に飛行機でバリへ移動しました。

ありがとうDumbuk al ahmad!

 

●入荷情報、活動情報、近況などインスタグラムやTwitter、Facebookにもアップしていますので、ぜひフォローや「いいね」お願い致します。
Instagram

https://www.instagram.com/ragam_store_japan/

Facebook

https://www.facebook.com/Ragamstore

Twitter

https://twitter.com/Ragam_store