新着情報blog

新入荷【中国の伝統芸能ラップ?!"快板(カイパン)"】

JUGEMテーマ:世界の楽器・音楽

こんにちは!本日は中国の楽器を紹介します。

まずは名前から、快板(カイパン/クヮイバン)といいます。


素材は竹で、2つセットです。
大きい方は「大板(ダーバン)」と呼び2枚の竹、小さい方は「節子(ジエズ)」と呼び5枚の竹の間にコインが入っています。
どのように演奏するのかというと、、、動画でご確認下さい。

竹版を指に挟んで打ち鳴らし、リズムを刻みながら、ラップ調の喋くり!?!?

これは清の時代から続く伝統民間芸能で、起源は北方で天津が有名らしいです。
即興歌や三国志などをベースにした人情話や夫婦の痴話喧嘩など様々なジャンルが語られるとのこと。


歌えなくとも、楽器だけで様々なリズムが生み出せます。

こちらの方は華麗な動きで実に多彩なリズムを奏でています!


中国語ですが、こちらで持ち方から分かりやすく説明してくれています。

アサラト/ボーンズ/カルタール/カスタネットなど…手のひらで扱うリズム楽器の仲間、快板!
動きの組み合わせで色んなリズムが創れるので、誰でも気軽にチャレンジして下さい♪

 

 

コメント