新着情報blog

新入荷「セネガル産 バラフォン(木琴)」

JUGEMテーマ:世界の楽器・音楽

 

こんにちは!

セネガルから帰国して既に1カ月、続々と楽器が日本に届いています。

今回はマリンバの祖先にあたる西アフリカを代表する楽器のひとつ”バラフォン”を紹介します。

本来、"バラ"は楽器の名前、"フォン"は演奏する行為の事を指していたらしく、”バラフォン”となったようです。

 

現地の著名なミュージシャンも使用している楽器を制作している工房で制作されたプロフェッショナル仕様のもの、気軽に演奏出来るミニバラフォンの2種類を入荷しました!

 

西アフリカを中心に分布するこの楽器は、国や民族により異なった形や音階を持っていますが、

セネガルバラフォンは湾曲せずに小さいヒョウタンを使った平たいフォルムになっており、音質が均一で綺麗に響くのが特徴です。

Cメジャースケールで調律されているので、様々な音楽に幅広く活用できます。

実際、現地でも伝統音楽以外のジャズやフュージョン音楽に多用されていました。

 

今回の出張でお世話になったビッグブラザー"オスマン"、彼はプロミュージシャンでもあり、楽器の制作にも精通しています。

実物を見せてもらって、その音色と品質がとても素晴らしかったので、取り扱いさせてもらう事になりました!

ジェンベや太鼓だけのアンサンブルに加えるだけで一気に雰囲気が変わり、更に楽しくなりますよ!オススメです♪

(※写真はオスマンではありません…)

 

★バラフォン詳細(商品ページ)はこちらから★

 

コメント